レンタルファッションを使いこなそう

あなたの心配を解決します

汚れ、傷をつけてしまったら…という不安

一番多いと思われる、「汚してしまったら、傷をつけてしまったら…」という不安についてです。
確かに、汚したり、壊してしまった場合は弁償料金を支払うか、買い取るという形で弁償しなければなりません。
その弁償代金は、修復費として数百円で済む場合もありますが、修復不能と判断される程度になると、会員価格か、またはその弁償に応じた代金になる可能性はあります。
しかし、通常利用で汚れる程度のシミや、ほつれ程度の破損でしたら、弁償代金はかかりません。
つまり、クリーニングで落ちる程度の汚れや、明らかに破れたなどの破損でなければ大丈夫です。
心配があれば、あらかじめ、保証付きのプランに入っておくのも得策かもしれませんね。
何か困った事があった時に、ショップのサイトからチャットで気軽に質問ができる所もありますよ。

取り扱いサイズ、年代は自分に合うのか

レンタルには、試着できないというデメリットがあります。
その点については、細かく自分の体型を登録すれば、自分の体型に合った服をスタイリストが選んでくれるというサービスがありますから、安心です。
また、大きめサイズは、確かに取り扱うショップは少ないですが、ショップによっては、大きめのLサイズであったり、13号以上の服を準備しているお店があります。

もう一つ、若い人向けの服ばかりなのではないか、という不安がある人もいるのではないでしょうか。
そんな心配も無用です。
40代、50代に向けた、大人の女性に似合う服も揃っています。
ショップによって、対象にしている年齢層や、利用シーンが違うので、それによって扱っている服も違います。
そこを見てショップを選ぶと、合う服が見つかるはずです。
一見、若そうに見える服でも、スタイリストに任せれば、自分では選ばない、新しい着こなし方も発見されるかもしれないですね。